「ウォームシェア」暖房切って出掛けると「ドリンク100円引き」や「割引クーポン」

印刷

   自宅の暖房を切って出掛けると買い物で割り引きになったり、無料コーヒーが提供されたりするサービスが広がっている。「ウォームシェアっていうのですが、読んで字のごとくウォームは暖かさ、シェアは分け合う事で、環境省が推奨している運動なんです」(山田大樹アナ)

「切ってきました」と自己申告だけでOK

   ウォームシェア運動で登録されている店はスマートフォンでも調べられる。山田アナが検索してみると、百貨店、商店街、レストラン、カフェから、図書館や温泉施設まで全国に3000か所もある。東京・自由ガ丘のハンバーガー店では、支払いの時に「暖房消してきました」と言うと、ドリンク料金が100円引きとなる。

   新宿の家具や雑貨のショールームではコーヒーが無料になり、八王子のアウトレットモールでは買い物の割引クーポン券がもらえる。これらは「暖房消して来ました」のひと言でOKなのだ。

1日300円町営温泉「みんなが集まってお風呂に浸かって過ごせば家庭電気節約」

   山梨県・市川三郷町の町営温泉施設でも料金値下げがある。来年3月(2013年)まで、ウォームシェアを実践している町内の人は500円が300円、町の住民じゃなくても700円が400円で利用できる。これが評判となって、温泉施設は大盛況、利用者が5000人も増えたという。保坂秀樹支配人は「お客さんが一人でも100人でも施設の電気代や灯油代は変わりません。でも、お客さんが寄り集まれば、その間は家の電気やエアコンを切るので、家庭の節電になりますからね」と言う。

   利用者の土橋弥生さんは家の暖房を消して、施設でゆっくり温泉に浸り、ウォームシェア仲間で持ち寄った手料理を摘まみながら1日を過ごす。「1日300円で温かく過ごせる所はありませんし、家の電気代も節約できて、もう言うことありません」

(磯G)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中