2018年 7月 23日 (月)

勝利の盾を手に「勝ちましたよ」 大分トリニータ森島「J1復帰」喜ぶ 

印刷

   サッカーJ1の昇格をかけて11月23日(2012年)に行われた大分トリニータとジェフ千葉の一戦は、トリニータが1-0で勝ち、4シーズンぶりの復帰を決めた。引き分けでも相手が昇格するという厳しい条件のなか、劣勢をはね返しての劇的な勝利だった。

   前の試合で4得点を挙げてチームを「決戦」の舞台に導いたトリニータの森島康仁選手は、この試合唯一の得点にも絡む活躍をみせた。まさに昇格の立役者だ。試合後に更新したブログでは真っ先に「勝ちましたよ!」と喜びを爆発させた。

   短めの文章だったが、その中で「ほんとにありがとうございます」を2度繰り返し、「皆さんの支援、応援がなければ勝てませんでした」とファンへの謝意を示していた。アップされた写真は、勝利チームに送られた記念の盾を両手に持ち、ほほえむ森島選手の姿だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中