2018年 7月 22日 (日)

酒井法子へ意地悪質問「覚醒剤を完全に断ち切るの難しい」に「大丈夫です!」

印刷

   集まった報道陣が約250名。カメラ90台、海外メディアの特派員もいた。覚せい剤取締法違反で有罪判決を受けた元アイドル・酒井法子が、執行猶予3年の期限切れを待って、24日(2012年11月)に芸能界復帰会見をおこなった。酒井は「きょうから新たなスタートを切ります。きょうという日を迎えられて驚いていますが、喜びでいっぱいです」と語った。

記者会見でも「本当に断ったのか」の質問8回

   記者たちの質問は厳しかった。なぜ覚醒剤に手を染めたのかという質問に、酒井は「本当に自分が馬鹿だった。弱かった」と言葉を詰まらせた。なぜ逃亡したのかという質問には、「気が動転していた。怖かった」とうつむいた。

堂々と歩め

   井上公造芸能リポーターが「覚醒剤を完全に断ち切ることは難しいといわれているが」と問うと、酒井は「大丈夫です」とキッパリ。しかし、「スッキリ!!」は覚醒剤容疑の逮捕者は年間12000人前後で、再犯率は50%前後に及ぶと意地悪なデータを流す。会見でも「本当に断ち切ったのか」という質問が8回も繰り返された。

田代まさしは何度も逮捕

   司会の加藤浩次「酒井さんには中学生の息子さんがいましたよね。この3年間、どんな思いだったのだろう」

   キャスターのテリー伊藤「いろいろな人に迷惑をかけたと話しているが、息子さんの存在が一番大きな支えになったのだと思う。覚醒剤というと、僕は田代まさしを思い出す。彼は仕事のプレッシャーに負け、何度も薬物に手を出してダメになった」

   コメンテーターの勝谷誠彦(コラムニスト)は「酒井さんの事件で、多くの人が覚醒剤中毒の恐ろしさを知ったと思う。でも、執行猶予期間も明けたのでこれからは普通の人。堂々と歩んでいけばいい」という。今後は、バラエティー番組など出演して、お笑い芸人たちとバカ話でゲラゲラなんていうことになるのだろうか。日本の芸能界は甘い。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中