出生前診断でダウン症「この子は普通の子供と違う個性を持ち育っていく」(父親)

印刷

   出生前診断の導入が検討されているが、「スッキリ!!」はわが子がダウン症に罹っていることを知りながら出産に踏み切った夫婦に数か月間密着取材し、その苦悩と喜びを伝えた。

「生むのが当たり。でも、社会のハードルはまだまだ高い」(母親)。

   出生前診断を受ける妊婦はここ10年間で2倍になっている。理由の大半は「親になる準備をするために」「わが子の命を守るため」という。関西在住の松原未知さんは障害を持つ人たちの世話をする仕事をしながら、39歳の時に結婚した。なかなか子供は授からず、3度の人工授精も失敗に終わった。

中絶する人もいる

   松原さんは「精神的にも肉体的にも苦しかった。もうあんな思いは2度としたくないと思っていた」と語る。その矢先、待ちに待った妊娠の兆候が現れ、現在妊娠中だ。そして、妊娠12週目で受けた出生前診断でダウン症が判明した。松原さんは「それまで障害の仕事をしていたので、妊娠しても生むのが当たり前と思っています。でも、わが子がダウン症とわかり、これからいろいろなバリアーを抱えて生きていくのだな、社会のハードルはまだまだ高いなと実感しています」と語った。

友利新(医師)「母体を守るためにも出生前診断必要」

   待ちに待った出産の日。3度の人工授精に失敗しているので、帝王切開による出産となった。2800グラムの小さいけれど元気な男の子だった。未知さんの夫は「ダウン症の子供を身近に感じていなかったし、障害を持つ子供は世の中の役に立たないというイメージがあった。この子は普通の子供と違う個性を持ち育っていくが、自信を持って歩んで欲しい」と息子を見つめる。

   司会の加藤浩次が「障害があると分かると、妊娠中絶する人もいるといいます、それで、出産前に異常があるかどうかを分かる必要はないとか、出生前診断は不必要とする人もいますが」と、コメンテーターの友利新(医師・タレント)に質問した。「出生前診断は母体を守るという面からも大切です。(障害があっても)出産すると決めた場合には、周囲の人のサポートやいろいろな準備が必要となります。出生前診断は大事です」と説明した。赤ちゃんは佑哉と名付けられた。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中