未来の党「卒原発」に既存政党は戦々恐々…選挙の「台風の目」に突如浮上

印刷

   滋賀県の嘉田由紀子知事が27日(2012年11月)、「日本未来の党」の結成を正式に表明した。ガラス越しに琵琶湖の波立つ湖面をバッグに口を開いた嘉田は、力を込めてこう言った。「今のままでは選ぶ政党がない。本当の第三極をつくって欲しいという声にこたえ、新しい党をつくります」

「卒」以外は「守」で子どもと暮らし、「脱」で増税と官僚、「活」で女性…

   未来の党の旗印は原発廃炉と代替エネルギーの道筋をつける「卒原発」だ。嘉田が「未来をつくる政治の結集軸」として、卒原発のほか、「活女性」「守子ども」「守暮らし」「脱増税」「脱官僚」「誇外交」の6項目を上げた。頭に「卒」「守」「脱」「誇」などの一字を付けるのがスタイルらしい。代表には嘉田、代表代行には環境エネルギー政策研究所所長の飯田哲也が就任するという。賛同者として、京セラ名誉会長の稲森和夫や音楽家の坂本隆一らが名前を出している。稲森はつい先日、「必要悪」と原発維持の発言をしたばかり。どう折り合いをつけたのか。

目まぐるしく…

   それでも票目当てに、内容のない原発ゼロや脱原発を掲げた他政党に比べ、卒原発の斬新さを感じたのだろう。多党乱立の中で埋没しそうだった「国民の生活が第一(生活)」や「減税日本・反TPP、脱原発を実現する党(脱原発)」が、嘉田の呼びかけにさっそく呼応し合流を表明した。

小沢一郎の合流プラス?マイナス?

   さて、「台風の目」になるのかどうか。コメンテーターの逢坂ユリ(資産運用コンサルタント)は「政党の実態がないのに(小沢代表の)『生活』がいち早く合流されたのは不自然で、実際は小沢さんの党になるのではないでしょうか」と見る。

   司会のみのもんた「毎日目まぐるしくよく変わる。土壇場に来てどうなっちゃうの」。片山善博(元総務相)がこう語った。

「珍しい国ですよね。政党は本来、党員がいて、政策があって、組織があって、それを国民が選ぶのですけど、党員もいない仲間うちのグループみたいな政党がゾロゾロできて、政治的には非常にまずい国ですよね」

   これまで無党派層の原発ノーの票は投票先がなかっただけに、「未来の党」は比例区では台風の目になりそうだ。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中