2018年 7月 23日 (月)

年末特番目白押しのこんな時に!「総選挙開票速報」でテレビ各局やりくり大変

印刷

   テレビ朝日は12月16日(2012年)に予定していた米倉涼子主演のドラマ「熱い空気」(よる9時)の放送を1週間先の22日に延ばすと発表した。16日の総選挙開票速報と重なるためだ。「熱い空気」は松本清張原作で、前日15日の田村正和主演「十万分の一の偶然」と2夜連続の清張スペシャルとなるはずだった。

   テレビ各局とも12月半ばから年末年始にかけては特別番組が目白押しだが、師走選挙のおかげで、16日の投開票日の番組をズラさなくてはならなくなった。日本テレビ系は「FIFAクラブワールドカップ決勝戦」の中継、フジテレビ系は「THE MANZAI2012」の最終戦、TBS系はドラマ「MONSTERS」大詰めの第9話と目玉番組を並べていた。これがすべて飛んでしまうのだ。

「日テレのサッカーなんか中継放送ですから放送日をズラすことはできません。放送権料払っちゃってるし、開票放送と2元でやるしかないでしょうね。MANZAIは苦しいよねえ。当選落選で候補者の泣き笑いを中継し、スタジオでは今後の政治について硬い討論してるのに、お笑いと2元というわけにはいかないでしょう。
   ドラマも普段なら休みにしちゃってもいいんだけど、年末に最終回とケツが決まっちゃってるからね。1週ズラすと年内に終わらないなんてことになっちゃうし…」(民放編成担当者)

   NHK大河ドラマ「平清盛」も最終回の1回前と最大のヤマ場だが、よる8時からの放送では開票速報とぶつかるため、7時10分からに繰り上げられることになりそうだ。(テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中