ほっしゃん。離婚は認める? ただ報道の中身は「ぜんぶ真っ赤な嘘」

印刷

   お笑い芸人の、ほっしゃん。(41)が一般女性の妻(36)と12年9月に離婚していたとスポーツ各紙が報じたことについて、ほっしゃん。が12月1日(2012年)、「ぜんぶ真っ赤な嘘」とツイッターで反論した。

   ツイッターでは、

「『二年前から別居、協議』『代理人を立てて』『離婚調停』『親権をめぐり長期化』…ぜんぶ真っ赤な嘘です。俺の勝手なワガママに何の文句も言わんと従ってくれた元妻が可哀想です」

とつづっている。「元妻」という表現から離婚自体は事実とみられ、ツイートには円満離婚を強調する狙いがあるとみられる。その上で、ツイートでは、

「これが事実として"新聞"に載ってるんやで。怖いね、この世の中は。ちびっしゃん。が聞いたらと思たら泣けてくる」

と、09年に誕生した長男を思いやった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中