2018年 7月 20日 (金)

中央道トンネル天井落下!東日本大震災、ゲリラ豪雨の影響ないか?

印刷

   きのう2日(2012年12月)午前8時頃、中央自動車道上り線の笹子トンネル内で起きた天井板落下事故で、3台の車が天井板の下敷きとなり9人の死亡が確認されている。落下した天井板は1枚1トンから1.2トンで、それが130メートルにわたって崩落したと見られるが、「落下したコンクリート板を全部除去しないと事故の規模は分からない」と救助隊員は語っている。

目視だけだった定期点検

   井上貴博アナウンサーは「事故が起きた直後のトンネル内の様子は、視界が1メートル前後で、前がほとんど見えない状態にあったようです」と伝えた。

原因にあれが…

   司会のみのもんた「やはり昨年の大震災や最近のゲリラ豪雨が関係しているのではないだろうか」

   コメンテーターの柿崎明二(共同通信編集委員)は「山の崩落とトンネルの崩落はそのメカニズムから違います。おそらく、誰もトンネルの天井が崩落するとは考えていなかったのでしょう」言う。池田健三郎(経済評論家)は「中央高速を管理する中日本高速道路はトンネル内の点検は定期的に行っていたと語っているが、どんな点検をしていたのか。これまでの点検のあり方をチェックする必要がある」と話す。

   井上「天井板と天井板を吊っていたアンカーボルトと呼ばれるボルトとの接続部分は高さが5メートルもあり、点検は目視だけだったそうです。ハンマーで叩いてみて、その反応音で内部がどうなっているのかを判断する点検は行われていませんでした」

間一髪だったドライバー「音楽のような音が聞こえた」

   「8時またぎ」コーナーでもこの事故を取り上げ、事故に巻き込まれた車の5、6台後ろを走っていたドライバーの鈴木智博氏に電話インタビューした。

   みの「事故が起きた瞬間、大きな物音が聞こえましたか」

   鈴木「僕は何も聞こえませんでした。ただ、同乗していた妻がトンネルに入った瞬間、何か音楽のような音が聞こえると話していました。僕の2、3台先のドライバーの方はドーンという大きな音がしたと話していました」

   みの「事故後のトンネル内の様子はどんな具合でした?」

   鈴木「前方はほとんど見えない状態でした。煙が充満し化学物質のような臭いがして、咳き込み胸が少し痛くなりました」

   まさに間一髪! 落下があと1秒遅かったら潰されていた。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中