2018年 7月 19日 (木)

全国最低投票率・千葉「汚名返上作戦」ショッピングモールに投票所

印刷

   衆院選がきょう4日(2012年12月)に公示され、5日から多くの自治体で期日前投票がスタートする。「モーニングバード!」が注目したのは、前回2009年の衆院選で投票率最下位だった千葉県のなかでも、65市町村中56番目の低い投票率だった市川市の取り組みだ。汚名返上のため大型ショッピングモールにも期日前投票所設けられた。

これまでも大手スーパーに期日前投票所

   市川市は03年11月の総選挙の投票率が52.6%で、あまりにも低過ぎると05年の総選挙では2か所の大手スーパーに期日前投票所が設置された。これが奏功したのか、投票率は62.7%にアップ、09年の政権交代が争点だった選挙でも63.3%とわずかに伸びたが、他の自治体の上昇に比べるとまだまだ低かった。

   コメンテーターの舘野晴彦(『月刊ゲーテ』編集長)は、「今回の選挙は大事です。景気対策から原発、憲法改正まで入ってきているんですから。行かないとまずいですよ」と話す。期日前投票は便利だが、選挙の仕組みが進化しても、マニフェストで騙されたくはないし、肝心の立候補者が進化してくれないと…。

文   モンブラン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中