「晩餐会ではトイレ我慢してください」ワインあまり飲めなかった山中伸弥教授

印刷

   ノーベル賞の医学生理学賞に輝いた山中伸弥・京大教授(50)はユーモアもあり、そのしぐさのひとつひとつが様になる人だ。10日夕(日本時間2012年12月11日未明)にストックホルムで行われた授賞式には、ホワイトタイと燕尾服で出席、続いて開催された晩さん会ではスウェーデンのマドレーヌ王女と隣り合わせで、にこやかに談笑していた。

大受けジョーク「授賞決定前日に委員の女性からウインク」

   授賞式でスウェーデン語で述べられた受賞理由は、「iPS細胞の発見はこれからの素晴らしい医学の発展のスタート地点になるものである」というものだった。山中教授は共同受賞の英国のジョン・ガードン氏に続いてグスタフ国王からメダルと賞状を授与された。

やるねえ

   授賞式に先立って行われた記念講演では、得意のジョークで満員の会場を和ませた。「受賞決定の前日、(ノーベル賞選考委員の)女性に会いました。別れる時、彼女がさよならを言いながらウインクしたような気がしました」。ここで笑いが起きる。本人も表情を緩め、ひと呼吸おいて「その時は不確かでしたが、今ではウインクしたと確信しています」というと、会場はまた沸いた。

   現地のストックホルムから取材キャスターの三澤肇が伝える。「(授賞式会場から山中教授が)いま出てきました。ちょっと笑みを浮かべていますね」。報道陣が「ひと言お願いします」と呼び掛けると「ほっとしました。メダルはまだちゃんと見ていません」

   クライマックスの晩さん会は日本時間の午前3時過ぎに、受賞者やロイヤルファミリー、招待客ら1300人以上が参加して始まった。シャンパンやワインにまじって日本酒もふるまわれた。神戸市にある神戸酒心館の純米吟醸「福寿」だった。料理は前菜が「北極イワナのマリネ・カリフラワーテリーヌ添え」、メインは「キジとキノコのソテー・洋なし冬野菜」、デザートは「ピスタチオのマスカルポ―ネチーズ・黒チェリーのソルべ」というものだった。

美しいスウェーデン王女とニコニコ顔とずうっとおしゃべり

   三澤は晩さん会が終わるのを外で待っている。「寒いですが、マイナス5度でまだましな方です。市庁舎の横にレストランがありまして、お金を払えば、晩さん会と同じメニューを堪能することができます。教授はノーベル賞のメダルをかたどったチョコレートを1000枚買ったようです。おそらくお土産用と思われます。日本円で10枚セットで1200円ぐらいです」

   晩さん会の様子については、「国営テレビを見ていたのですが、山中教授の隣にはスウェーデンのマドレーヌ王女という非常に美しい王女が座っておりまして、その王女と教授はずーっと話をしていて、盛り上がっていたのではないかと思われます」(三澤)

   司会のみのもんた「やるねえ。(王女の写真を見て)きれいな方だねえ」

   三澤「そうなんですよ。終わった時に(山中教授は)王女をエスコートしていましたが、かなり顔が赤くなっていたので、お酒もかなり飲まれているのかなと思いました」

   みの「やるねえ」

   潟永秀一郎(「サンデー毎日」編集長)「しょうもないことですが、トイレが混むでしょうね」

   余談だが、始まる前に教授がノーベル財団の人に途中でトイレに行きたくなったらどうしたいいかと聞いたところ、「我慢してください」といわれたので、ワインなどあまり飲まないようにしたいと語っていた。

   記者会見や王室主催の晩さん会などまだまだ多忙なスケジュールが続く。教授は今回のノーベル賞受賞を趣味のマラソンにたとえ、「まだ折り返し点。これからがほんとの勝負」と気を引き締めていた。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中