エレベーター突然真っ暗…明かり点いたら無気味な少女!イタズラ動画フェイク?

印刷

   一般の人にイタズラを仕掛けてその反応を楽しむテレビ番組が、かつて日本で大いに人気を博していたが、この頃はあまり目にしない。しかし、ネットのYouTube(ユーチューブ)では、ときにこの手の動画が世界的大ヒットになる。

   最近は「世にも恐ろしいイタズラ」と称する動画が大いに再生数を稼いだ。ブラジルで収録され、テレビで流れた動画との触れ込みだが、放送日などの詳細は、当探偵社の精力的な調査によると、一切不明だ。誠に不明である。なお動画に出てくる人たちの外見などは、けっこう古そうだ。

顔覆って悲鳴上げ、逃げ惑う仕掛けのターゲット

   動画はいたずらの対象者がエレベーターに入るところからはじまる。急にエレベーター内の明かりが電気の接触が悪くなったように暗く(オカルト映画風だ)なり、ついには完全に消えてしまう。間もなく復旧するのだが、そこで吃驚仰天。やたらと髪が長く、顔色の悪い幽霊じみた少女が、人形を抱えてエレベーターの真ん中に立っているのだ。彼女は暗転の間に特別な隠し出入り口から入ってきたのであった。そしてターゲットに向かって大きな金切り声を上げる。ある者は顔を覆って悲鳴を上げ、ある者は逃げ惑う。その間、どこかにいる観客の笑い声が聞こえている。

   動画の視聴者からのコメントでは、「フェイク」の指摘も盛んだ。「(ターゲットが事前に知らなければ)心臓発作を起こしたり、少女を攻撃するかもしれない。テレビがそんなリスクを冒すワケがない」といったコメントがあれば、「この役者さんたちは、いい演技をしている」という暖かい(?)評価もあった。

ボンド柳生

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中