安倍内閣の深謀人事!ライバル石原伸晃・林芳正に難題押しつけ

印刷
「6年前は今よりも若く理想に燃えていたが、肩に力が入りすぎ、志を同じくする人を集めようとした。今回は幅広く参加してもらった」

   安倍晋三首相はきのう26日(2012年12月)、新内閣発足後の記者会見で、前回の第1次内閣が「お友達内閣」と批判されたことについて、こう述べた。では、今回の内閣の顔ぶれから見えてくるものは――。けさの「朝ズバッ!」は、毎日新聞主筆の岸井成格をまじえて第2次安倍内閣の課題と狙いを探った。

リベラル派も起用してバランス演出

   閣僚名簿を見ての印象を岸井は、「ポイントは岸田文雄外相と小野寺五典防衛相。この2人は意外だったと思うくらい安倍カラ―じゃなくて、非常にリベラルな人を持ってきた。前回のお友達内閣の失敗とタカ派批判を受けないよう熟慮して、バランスを取った象徴といえますよね。ただ、最後は安倍さんに近い人も入った」

   コメンテーターの金井辰樹(東京新聞・中日新聞政治部次長)は「いろいろ工夫した跡がみえます。老壮青のバランスもいいし、お友達でない人も入れているが、お友達も結構いる」という。保守派の論客といわれる稲田朋美行革相や尖閣諸島を洋上視察するなどした新藤義孝総務相らを指しているのだろう。

   小松成美(ノンフィクション作家)は「お友達内閣を学習して実務に富んだ人を入れている。女性も入っているので、フレッシュな力と経験が合わさっていい化学反応を起こしてほしい」と話す。

石原「原発事故対応と再稼働」、林「TPPで農業関係と難交渉」

   「おでかけ前の朝刊チェック」コーナーで朝日新聞2面の記事「ライバルには試錬の職務」に注目した。石原伸晃環境・原子力防災相と林芳正農水相のことだ。石原は総裁選中に原発事故の汚染土壌に関して、「運ぶ所は福島原発の第1サティアンしかない」とオウム真理教施設の呼称を引用して批判を浴びたが、事故対応や再稼働問題など重要課題に向き合わなくてはならない。林もTPPに強く反対する農業団体や党内の農水族議員との厳しい交渉が待ち受ける。「総裁選を争った人も処遇したというが、2人ともかなり厳しいポジションが回ってきたといえる」。それなりに、深謀のはりめぐらされた人事というわけだ。

   安倍は「危機突破内閣」と自ら名付けたが、ゲストとコメンテータの4人に命名してもらうと――。

   岸井「国際・国内の信頼回復!内閣」

   北川正恭(早大大学院教授)「理念型内閣」

   小松「巻き返し内閣」

   金井「同窓会内閣」

ということになった。まずは、内閣支持率がどうなるか。経済再生、震災復興、外交・防衛…参院選まで難問は切れめなく続く。

文   一ツ石
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中