「未来の党」詐欺だったのか!阿部副代表の無責任「成田離婚、ハッハッハッ」

印刷

   離合集散の中で急ごしらえ立ち上げた拙速のツケが回ってきた。嘉田由紀子代表(滋賀県知事)が「卒原発」を掲げて立ち上げた日本未来の党が結党1か月で分裂が避けられない事態に陥っている。衆院選有権者が比例区で「未来」に投票したのは342万票。事実上の「死に票」になってしまった。

亀井静香も離党「未来の党には未来がない」

   ことの起こりは嘉田が提案した阿部知子副代表を共同代表に格上げする案だった。これに小沢一郎グループが反発し、小沢側から出た分党の提案を嘉田が受け入れたという。衆院選で当選した9人のうち、小選挙区で当選したのは小沢と亀井静香の2人だけ。亀井も「未来の党に未来はない」と離党を表明しており、比例区で当選した残り7人のうち小沢グループ6人が分党すれば、残りは副代表の阿部ひとりになる。

事実上の死に票

   嘉田は「代表としては、責任ある人事をしたいということで提案したが、その人事ができなかったことが一番の原因」という。渦中の阿部は「成田離婚、ハッハッハッ。私たちは未来の党で、もう一つは過去の党といって怒られましたけども…」と呑気なものだ。社民党を離党して「未来」に漂着した自らの過去はそっちのけ、これではうまくいくはずがない。

「卒原発」342万票への裏切り

   宙に浮いてしまった形の342万票について、コメンテーターの松尾貴史(タレント)は「9人のうち7人が党の名前で当選している。その人たちはもう議員辞職してもらったらどうかと言っていいくらい。原発から脱するんだとわずかな灯火、希望を託した人たちに対し、詐欺的な状況じゃないのかという気になる」と手厳しい。

   高木美保(タレント)「事実上の死に票になってしまう。『政治はさ、やっぱり現実なんだよ』と誰かに言わせてしまいそうな結果になったのはとても悔しい」

   司会の羽鳥慎一郎「小沢さんの原発政策はなんだったんですか」

   玉川徹(テレビ朝日ディテクター)「(原発問題については)全党から話を聞きましたが、一番現実的な感じがした。それも選挙で当選するためのことだったといわれても仕方がない結果ですよね」

   第三極を狙って離合集散の末、結党したものの雲散霧消か…。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中