松井秀喜が現役引退!「日本でプレーする自信ないが、草野球なら…」

印刷

   松井秀喜(38)が現役引退を発表した。理由は「結果が出せなくなった」。引退のときはだれもがそうだろうが、巨人からヤンキースへと歩んだスーパースターも、この3年間はたしかに不遇だった。今後のことは「決めていない」と多くを語らなかった。

「最高に幸せな日々でした。ヤンキースタジアムの初めての日と最後の日は一生忘れない」

   日本時間のきょう28日午前7時すぎ(2012年12月)、ニューヨーク開いた会見には在米の日本メディアのほとんどがいた。「本日をもって20年のプロ野球人生に区切りをつけます」と松井は言葉を選びながら話し始めた。「(引退を決めた)一番の原因は、クリーンアップで出させてもらったにもかかわらず、結果が出せなかったことです」という。日本球界への復帰については、「ありがたいお話もいただいたが、正直いって、期待される10年前の姿に戻れる自信がない」と話す。

指導者に…

   メジャーで10年。うち7年はヤンキースで過ごし、けが、故障もあったが、2009年にはワールドシリーズで大活躍しMVPにも輝いた。しかし、直後にエンゼルスに移籍、11年にはアスレチックス、今季は声がかからずレイズでマイナーからのスタートとなり、メジャーで3か月プレイしたが不振で、8月に自由契約となったままだった。

   自らの野球人生を振り返って、「北陸の小さな町で生まれ育ち、地元の高校から甲子園出場を果たして、ジャイアンツから1位指名をいただき、充実した日々をすごさせていただいた」と語った。とくに長嶋茂雄監督には「感謝してもしきれない」と話す。心に残るのは、「長嶋さんと2人で素振りをした時間が、一番印象に残っているかもしれない」という。

   ヤンキースの7年間は、「最高に幸せな日々でした。ヤンキースタジアムの初めての日と最後の日は一生忘れない」。しかし、「5、6年前から両膝の調子が悪く、手術もしたし、体力的にもきびしく、きょうこの形になりました。寂しい気持ちとホッとした気持ちといろいろあって複雑です」

これから生きる球団渡り歩いた最後の3年の経験

   会見は45分に及び、終わって記者たちから温かい拍手が起こった。

   キャスターのテリー伊藤「いい会見だった」

   司会の加藤浩次「(日本から)オファーはあったと」

   テリー「10年前の自分に戻れる自信がないと、松井らしいね。これ聞いたら、納得するしかない」

   加藤「本人にしかわからないことですよね」

   テリー「日本のスーパースターは、長嶋さんでも王さんでも、みんなエリートのまま終わってる。松井は最後の3年を球団を渡り歩く切なさを体験している。これが指導者になった時に生きると思う」

   松井は「引退という言葉は使いたくない」といった。「まだ草野球もある」と笑った意味が何なのか。やっぱり聞いてみたいところだ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中