2018年 7月 19日 (木)

民放「移籍」噂される山岸舞彩アナ 「本当に大切な事を見失いそうになって」

印刷

   NHKのスポーツニュースでキャスターを務める山岸舞彩アナが2012年12月31日付のブログで、1年を振り返っている。

「公私共に、私の人生の転換期となるような1年だったと思います」

   2012年をこう評価した山岸アナ。ロンドン五輪でNHKの現地キャスターを務めたことが貴重な経験になったようだ。プライベートでは、「本当に大切な事を見失いそうになって」いたとき、それに気づけたのは友人や両親らのおかげだと感謝している。

   フリーアナウンサーの立場ということもあり、民放への「移籍」がしばしば噂される山岸アナ。2013年はさらなる「転換期」になるだろうか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中