プリキュア主役の生天目仁美「マネージャーからお前には無理と反対された」

印刷

   声優の生天目仁美(36)がアニメ「ドキドキ!プリキュア」の主人公・相田マナ役に選ばれた喜びを1月7日(2013年)のブログに書き込んでいる。オーディションを受ける前、マネージャーから「お前には無理だよ。年齢的にも、キャラクター的にも」と反対され、「落ちれば、プリキュアの為にあけた一年のスケジュールは真っ白」の覚悟で臨んだという。

   1年前には「もう仕事ができないかもと思う位体調を崩し 毎日のように泣いていました」と明かす。合格が知らされた時は「芝居が出来る喜びと夢だったキャラクターを演じられる喜びに子どもの様に声を出して泣きました」という。

   周囲からも祝福される中、「プリキュアの先輩(声優)たちが喜んでくれたのがまた嬉しくてね」と語る。「子ども達に夢や希望を与えられる様に大切に演じていきたいと思います」と意気込んでいる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中