「パトカーに追跡されてます!やめさせて」酩酊女性ふざけた110番―米ノースカロライナ

印刷

   警察へのおかしな通報といったものは、ワイドショーでもたびたび話題になるが、海の向こうのアメリカにも「意味不明すぎるでしょ」(司会の小倉智昭)と失笑を買う通報があったそうである。

「停車するから30万ドル支払え」

   先月(2012年12月)、ノースカロライナ州で911(110番)に1本の電話がかかってきた。自動車で走行中の女性からのもので、クルマに追われているとの緊急度の高そうな事案である。しかし、その追跡車両というのが、なんと「パトカー」。パトカーがこのクルマに停車を求めたところ、従わずに逃げ出した。そこで追跡したところ、女性は運転しながら警察に電話し、警察の危険な追跡によって自分の命が脅かされているとし、追跡をやめるように要求したというのだ。

意味不明すぎる

   オペレーターは聞き入れずに、停車するように言う。すると今度は、停止するかわりに30万ドル(約2700万円)を支払うよう要求したそうな。そのうち、クルマはついに行き止まりに追い込まれて、追跡劇は終わった。出てきた女性は酩酊状態の上、免停中で無免許運転だったという。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中