スキー場のバカ者たち!コース外れて救助され「俺たちルールに縛られないから」

印刷

   若者といえば、無謀、迷惑、身勝手なことをする存在としてワイドショーでも知られている。海岸で花火をやって騒いだり、バーベキューやったり、祭りで暴れたり、どちらかといえば夏向けであり、しかも近年あまり流行っていない感もある。

   しかし、けさ21日(2013年1月)の「とくダネ!」では、冬の迷惑な若者が取り上げられた。なんでも、スキー場などで管理区域のコースを外れて滑走するスキーヤー(and/orボーダー)が多いんだそうな。整備されてない新雪の感触を求めてのことだというが、事故で遭難したり、雪崩を起こしたり、巻き込まれる危険がある。法律違反ではないがマナー違反。それでいて、万が一のときに救助など求められても迷惑千万だというわけだ。

管理区域外で動けなくなり救助要請

   「とくダネ!」が長野・野沢温泉スキー場で取材したところ、たしかにコース外を滑る人たちを発見。見たところ、若者が多いようで、さらには折良く、コース外で身動きが取れなくなった若者が救助される事案が発生した。その若者にマイクを向けると、ワイドショー向きの「あきれた言い分」(CM前のキャプション)まで聞けたのである。

救助するな

   良識ある大人の代表たるリポーターが強い調子で迫る。「スキー場来てんだったらルールがあるから」。理性の足りなさそうな若者が言い返す。「そんなルールとか、俺たちそういうのに縛られてないから」。久しく見たことのないようなクラシックで完璧なワイドショー展開である。

   そしてコメンテイター。司会の小倉智昭は「勝手な連中に腹が立ってしょうがない」「救助を求めてヘリに手を振ってたら、ヘリから手を振ってやればいい」などと、身勝手で迷惑な若者たちを手厳しく批判していた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中