2018年 7月 21日 (土)

竹中平蔵「3本目の矢」リベンジ!「小泉元総理から『嫌われてもドンドンやれ』」

印刷

   安倍晋三首相は「いよいよ3本目の矢、成長戦略であります」ときのう23日(2013年1月)に開かれた産業競争力会議の初会合であいさつし、金融緩和、財政出動に続く経済再生の柱となる成長戦略策定に向けて議論が始まった。会議のメンバーで政策推進のキーマンとなる竹中平蔵・元経済財政担当相に「朝ズバッ!」がポイントを聞いた。

「産業競争力会議で企業の自由度取り戻す」

   司会のみのもんた「この産業競争力会議とはどういう趣旨の会議ですか」

何やる会議?

   竹中「日本は企業の競争力がすごく弱くなっています。かつて日本の競争力のランキングは1位とか2位だったのが、今は20位とか低いランキングになっています」

   みの「その原因はなんですか」

   竹中「企業には自由に創意工夫を発揮してもらわないといけないのに、その自由がどんどんなくなっている。世界銀行の出した企業の自由度に関するランキングで日本は2000年に40位でした。規制改革して2006年の小泉内閣から安倍内閣にバトンタッチするころは28位になりましたが、行きすぎた規制緩和だとわあわあ言いだして、今は47位です。台湾や韓国より下です。ここを根本的に変えていくということが一番大事です」

   みの「企業の自由度とはどういうものですか」

   竹中「例えば、私とみのさんと株式会社をつくって農業を始めようとしても、厳しい条件があって自由にはできないんですよ。10年間議論して一応できるようにはなりましたが、上場はできないんです」

   他にも、再生医療製品の承認期間で韓国が1年9か月のところを日本では7年もかかるという。

   竹中「これを早めましょうというと、日本ではすぐ安全はどうでもいいのかといった極端な議論になる。安全はもちろん大切だが、世界の常識から考えてかけ離れていませんかということです」

自民党内には「竹中外し」の動き

   金井辰樹(東京新聞・中日新聞政治部次長)が角度を変えて質問した。「きのうの自民党の別の会議では、竹中さんの名前を出して外してくれと言った人もいるそうですが、小泉改革で矢面に立っていたころと今の自民党は変わっていますか」

   竹中「私はこれをお引きするにあたって、私のことを嫌っている人もたくさんいますから小泉元総理に一応相談しました。小泉さんは小泉さんらしく、どんどんやれ、正論をどんどん吐けと。それを受け入れるかどうかは政治の責任だと」

   竹中流規制改革は格差を拡大したとの批判があるが、本人は改革が中途で終わったとの思いがあるはずで、小泉のお墨付きをもらってリベンジを果たすべくどんどん発言していくのだろうか。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中