日揮と英国BPのトップが標的だった!?両幹部が揃ったタイミングに襲撃

印刷

   アルジェリアの天然ガス施設襲撃事件で、新たに2人の日本人の死亡が確認された。国籍不明の遺体として首都アルジェの墓地の霊安所に安置されていたのを、医務官ら日本政府関係者、日揮社員らが目視で確認したという。これで犠牲者は9人になったが、日揮の最高顧問が現地にいたこともわかり、内通情報をもとに武装集団がこの幹部を狙った可能性も出てきた。

死亡確認の内藤文司郎さんの母親「会社からは安全と電話あったのに…」

   死亡が確認された内藤文司郎さん(44)の母・内藤さよ子さん(69)は豊橋市の自宅で、「会いたいです。それだけ」と言葉少なに話す。内藤さんは昨年10月(2012年)、他の会社から派遣される形でイナメナスに入って宿舎の建設に携わっていた。内藤さんは「いま若い人は働く所が少ないんだよ、この国は。国の経済よくするには外に行くしかない。オレを必要としてくれるんならどこへでもいくよ」といっていたという。

情報把握してた?

   事件直後、日揮から「安全です」という電話があり、「文司郎さんの確認はとってます。元気です」と伝えていたという。しかしその後、DNA鑑定のためにひげ剃りと歯ブラシ、コップ、布団についた髪の毛などを持って行ったという。「現地に行きたい」というさよ子さんに、日揮は「DNA鑑定なので行く必要はない」と話したそうだ。

内部通報者が「幹部会合」の情報伝えた可能性

   身元不明になっているのが日揮元副社長の新谷正法・最高顧問(66)で、各国企業の幹部が集まる会合に出席する予定だった。この事件では、現地には滅多に来ないイギリス・BP社のエストラーダ副社長も死亡している。 同じ会議だった可能性があり、この情報が漏れて武装集団の襲撃になった可能性が出てきている。アルジェリアの治安当局は、武装集団の中にいたニジェール人が以前このプラントで働いていたことを明らかにしたが、現役従業員の中にも情報提供者がいたとみて調べているという。

   司会の加藤浩次「武装集団はそれ(幹部らの会議)を把握していたということでしょうか」

   国際開発センターの畑中美樹顧問は「おそらく。内通者がいたと思われる」と見る。襲撃目的は進出企業への警告、ここまでわかっているぞという実力の誇示、政府への対決姿勢だろうという。幹部の訪問などの情報は厳重に管理されているが、今回は漏れていた。BP副社長が最初のアタックで死亡しているのとも符号する。

   キャスターのテリー「DNA鑑定が必要ということは、遺体の損傷がはげしいということ。やることが荒っぽい。こんな事態に民間が対処するのは無理ですよ」

   畑中顧問「BPも日揮も30年も40年も仕事をしていて、 現地を知り尽くしている。しかし、相手はもっと上手だったということです」

   新谷さんはまだ確認中なのかが最後まではっきりしなかった。ああだこうだの推測より、そっちが先だろうに。日揮がきちんと名前を出さないからこうなる。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中