<東京家族>
小津安二郎の名作が生んだもう一つの名作―60年前と「日本の家族」変わったのだろうか

印刷
(C)2013「東京家族」製作委員会
(C)2013「東京家族」製作委員会

   監督生活50周年という節目で山田洋次監督が挑んだのは、名匠・小津安二郎監督の「東京物語」を下敷きにした現代家族のドラマだ。2011年4月にクランクインを予定していたが、直前に東日本大震災震災が発生、家族のあり方があらためて問われ、シナリオを練り直した。

子どもたちに会うため瀬戸内の小島から上京した老夫婦

   瀬戸内海の小さな島で暮らす平山周吉(橋爪功)と妻とみこ(吉行和子)は、子どもたちに会いに東京へやって来た。品川駅で出迎えているはずの次男・昌次(妻夫木聡)が間違えて東京駅に向かってしまうというトラブルはあったが、なんとか開業医を営む長男・幸一(西村雅彦)の家に着き、長女・滋子(中嶋朋子)らも加わって久し振りの一家団らんの時間を過ごす。

   周吉ととみこは何かと忙しい幸一を気遣い、都内で美容院を営む滋子夫妻の家に世話になるつもりだったが、家が狭いからと横浜のホテルへ追いやられてしまう。田舎暮らしの老夫婦に高級ホテルはなじめず、1日で東京へ戻ってきてしまった。しかし、滋子から町内の集まりがあるから今夜はどうしても泊められと言われ、周吉は古い友人の家、とみこは昌次の住むアパートに世話になることになった。

「東京物語」の戦死した次男が母親と語り合う山田洋次のメッセージ

   人物設定はほぼ小津安二郎監督の『東京物語』にならっている。長男は医者、長女は美容師というのも同じだ。ただ、東京物語では次男は戦死しているが、この映画では健在で、ひとり暮らしのアパートに母親を泊める設定にしている。ここで母と次男が会話するシーンは、東京物語では「かなわなかった親子の会話」として挿入されているのだろう。次男は恋人との出会いからプロポーズに至るまでを事細かに母親に話す。一人前の男が母親にそこまで話すだろうかとも感じたが、東京物語では戦死した「次男・昌二」が昌次に乗り移って語っていると考えると納得がいく。

   「東京家族」は「東京物語」のリメイクではないが、根底に流れる世界観は見事なまでに踏襲されている。東京物語との違いや描かれなかった部分を発見するという見方はアリだと思う。60年前には重くのしかかっていた家族や生き方の問題が、現代ではどうなってしまっているのか。東京物語を下敷きにした重厚な人間ドラマを妻夫木聡や蒼井優ら平成の役者が演じ、60年前の名作がもう一つの名作を生んだのは確かだ。それは山田洋二監督にしかできなかったことであろう。

野崎芳史

おススメ度☆☆☆☆

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中