引退の高見盛お嫁さん探し待ったなし!「これからは稽古の時間をそっちに使う」

印刷

   ロボコップの愛称で親しまれてきた元小結の高見盛(36)が、きのう27日(2013年1月)の初場所千秋楽を最後に現役を引退、けさの「朝ズバッ!」にさっそく生出演して心境を語った。

「相撲やるなら給食の残り全部食っていい」と言われて決断

   司会のみのもんたが「一夜明けて、もう1度まわしを締め直そうという気持ちはありませんか」と聞くと、高見盛は「15年間も相撲を取ってきました。その気はありません。これからは角界をもっと盛り上げるために、新人を発掘して育てていきたいと思います。体がもうボロボロで、これ以上続けるともっと傷つくような気がします」とサッパリとした表情で語った。

残された勝負

   高見盛は小学校と中学時代の恩師・中谷豊氏は、「相撲を始めるなら、給食の残りを全部食べていいぞと半分冗談で言ったら、本当に始めた。でも、練習では積極性に欠ける子で、なるべく目立たないように隅の方にいたが、試合となると強くなる不思議な子だった」と語っていた。クラスメートは「みんなと一緒に外で遊ぶということが少なく、家の中で漫画を読みながらゲラゲラと笑っている方が多かった。うちのじいさんから、笑い声がうるさいと怒られたこともある」と話す。

八百長疑惑で揺れる角界を支えた人気者

   高畑百合子アナウンサーが高見盛のこれまでの相撲歴を示し、「好不調を年表の上に折れ線グラフで書き込んで下さい」と促すと、高見盛は躊躇なく横綱2人を破ったときを絶好調期、左肩を脱臼したときは不調期とした。

   みの「客観的に自分を見ていたのですね」

   ゲストの杉山邦博(東京相撲記者クラブ)は「高見盛関は分析能力に優れています。その能力は大学の先生並み。角界が八百長疑惑で揺れたときも、そういう高見盛関の人気が角界を引っ張りました」と話す。

   高畑「でも、挫折の危機もありました。日大相撲部に入部した1年生の時、突然、相撲をやめたいと言い出したことがありました」

   大学時代の先輩・斎藤直人氏は「ある日、相撲をやめたいと電話がかかってきた。そこで一計を案じ、やめるならちゃんと挨拶をしてからやめろと騙して連れて帰った。そうしたら、いつの間にかまた相撲を始めていた」という。

   みの「残された勝負はお嫁さん探しですね」

   高見盛「これまで稽古に使っていた時間をそっちの方に回します」

   モテモテの高見盛だから、妙なオンナに引っかからなければいいが。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中