中国「猛毒大気汚染」明後日に首都圏飛来!工業用防塵マスクで守れ

印刷

   中国・北京の天安門広場の映像だというが、人民大会堂もかろうじて見える程度だから、毛沢東の肖像なんか見えない。車もライトをつけている。ナレーションは「昼なのか夜なのか」という。たしかにひどい大気汚染だ。環境問題や国民の健康をなおざりにしてきた「自業自得だ」といってもいられない。西日本にはもう流れてきていた。

北京に1日滞在するとタバコ21本分の健康被害

   中国の環境保護相が「1月は中国全土の4分の1でスモッグが発生し、人口の半数近い6億人に影響が出た」と発表した。普通のマスクでは追いつかないのか、工事用の防護マスクが売れているそうだ。新鮮な空気の缶詰というのが出回っていた。ビールの缶くらいで、プシュと開けてスーッと吸ったら、「はい、お終い」だが、5元 (70円)で飛ぶように売れている。

あっち行け!

   スモッグの元凶は「PM2・5」と呼ばれる猛毒の粒子である。石原慎太郎衆院議員が都知事時代に、会見でばらまいて見せた黒い粉だ。スギ花粉の何十分の1という小ささ。中国では暖房用に石炭を焚いているのが大きいらしい。

   日本での環境基準は1立方メートルあたり35マイクログラムだが、北京では4日連続で300を超えている。北京の一部では先月中旬(2013年1月)に993にもなった。人々の健康に障害を及ぼす危険な数値だが、暖房を止めるわけにもいかない。打つ手は全くない。視界が悪いから高速道路では事故が多発する。病院は呼吸器系の不調を訴える患者であふれていた。地元誌は北京に1日滞在すると、たばこを21本吸ったのと同じになると書いた。

花粉症と重なるとアレルギー症状何倍にも悪化

   この汚染、すでに日本へ届いていた。福岡市で基準値を超える40を観測した。熊本ではもやがかかって、「目が痛い」「くしゃみが出る」「ホコリっぽい」などの訴えが目立つ。山形大学の調査では山形・蔵王の樹氷にもこの有害物質が飛来していた。シミュレーションでは、汚染の舌先が西日本を広くなめている。「長く続くと、子どもや呼吸器・循環器系の疾患をもってる人たちに影響が出る。注意が必要」と専門家はいう。花粉症と結びつくと、アレルギーを起こす力が何倍にもなると指摘する人もいる。

   司会のみのもんた「粒子なんだ」

   三屋裕子(スポーツプロデューサー)「PM2・5はもの凄く細かいので、普通のマスクなんか通っちゃう。越境汚染への手だてはないみたいですね」

   みの「扇風機回して、あっちへ行ってというわけにはいかない」

   防ぎようもない。マスクがせいぜいだ。明後日あたり、首都圏にまで飛来するかも知れないという。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中