テリー伊藤「宗旨替え」中国とはケンカじゃなく助け合って仲良く

印刷

   海を越える大気汚染に自衛艦への(攻撃用)レーダー照射――。ニワカ成金経済大国のフザけたアブない振る舞いのせいで、我が老舗経済大国の生活や身の安全が脅かされている。いい加減にしろ!!何とかしろ!!といった論調は、この「スッキリ!!」でもメジャーなものである。

   番組メインコメンテイターのテリー伊藤などもその旗頭的な人物に見えるが、けさ8日(2013年2月)は中国の大気汚染について、きのうまでとはだいぶん毛色の違う調子でコメントしていた。

大気汚染も日本の環境技術で「助けよう」

揉めてるけど…

   テリー伊藤の思い返すところ、昭和30年代の日本も公害がはびこっていた。しかし、公害対策を進めて克服したんである。その環境技術を中国にというのは、中国の大気汚染問題でテリー伊藤が連日主張していることではあるが、けさはそこに「中国を助けるため」という意味合いが強調されていたようだ。

   「尖閣などいろいろもめてるが、ケンカするんじゃなく、助け合って仲良くなっていくことも大切だ」(テリー伊藤)

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中