ローマ法王600年ぶり生前退位―3月末まで根比べの後継選出「コンクラーベ」

印刷

   カトリック教徒11億人のトップ、ローマ法王ベネディクト16世がきのう11日(2013年2月)に開かれた枢機卿会議で、「高齢で、体力、精神力ともに職務をはたすのに適していない」として、2月28日までで退位すると表明した。ローマ法王は終身のものとされており、生前の退位は1415年のグレゴリウス12世以来、600年ぶりという。

少年時代はナチス青少年組織「ヒトラーユーゲント」

   ベネディクト16世はドイツ・バイエルンの出身。少年時代にヒトラーユーゲントに入っていたこともあるが、本人は「強制だった」といってい る。戦後は神学の道に入り、35歳で称えた教会改革で注目され、1977年6月枢機卿になった。前法王ヨハネ・パウロ2世を側近として支え、2005年4月、第265代ローマ法王に選出された。

ツイッター人気

   姿勢としては保守的で、2006年にはイスラム教を「邪悪」と語って物議をかもしたり、カトリック聖職者の未成年者への性的虐待への対応で批判を招いたりした。一方で、09年には懸案の東方正教会(ロシア)との和解をなしとげ、先頃はツイッターでの発信もして話題となった。

   ドイツのメルケル首相は突然の退位に「決断を最大限尊重する」、イギリスのキャメロン首相は「イギリスとの関係強化につくした」とコメントした。アメリカのオバマ大統領も「09年のバチカン訪問を懐かしく思い出す。法王に感謝と祈りを捧げる」という声明を出した。

終身制度は平均寿命短かったころの遺物

   来月末までに、次の法王を選ぶ選挙「コンクラーベ」が行われるが、それまでの間は法王不在という異例の事態となる。

   杉尾秀哉(TBSテレビ報道局解説・専門記者室長)「白い煙、黒い煙という、まさに根比べ」

   三屋裕子(スポーツプロデューサー)「日本語ですかあ?」

   司会のみのもんた「三屋さんはときどき言うんですよ」

   潟永秀一郎(「サンデー毎日」編集長)「最近は表情がなくなってましたね。法王の終身制というのも、平均寿命が50歳、60歳という頃の話で、長生きするするようになると、 こうしたケースは増えるのではないか」

   みの「ツイッターというので、親近感を覚えましたねえ」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中