中国春節「爆竹・花火」大気汚染悪化!日本に飛んでくるのか濃厚PM2・5

印刷

   中国では旧正月の春節は花火を上げたり、爆竹を鳴らして盛大に祝うことになっている。それだけなら日本のワイドショーが見向きすることはまずないが、そのもうもうと立ち上る煙にあの汚染物質の「PM2.5」が含まれているとなれば、話はまったく別である。

   現地では春節のピーク時には日本の基準値の数十倍ものPM2.5が検出されるそうで、北京市などは爆竹・花火の自粛を呼びかけていたほどだという。

「絶対量多くないので影響が出るほどにならない」(専門家)

   この花火・爆竹汚染による日本への影響どうなのか。大気汚染の専門家はVTRの中で「爆竹などを鳴らしている都市で局地的局所的に高濃度になるが、汚染物質そのものの絶対量は多くないはずで、日本にまで影響が出るほどにはならないと思う」(畠山史郎・東京農工大教授)などとコメント。

   そんなこともあってか、けさ12日(2013年2月)の「スッキリ!!」の隣国のハタ迷惑な風習批判は盛り上がらなかった。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中