チャーリー・シーンまたお騒がせ!凶悪殺人警官に「僕に電話くれ、話すの楽しみ」

印刷

   警察関係者を含む3人を殺して逃亡中のロサンゼルス市警の元警官が、在職中の人種差別や汚職を告発するマニフェストをフェイスブックにアップしたり、CNNの人気ジャーナリストに犯行をほのめかす私物を送ったりして、全米の話題になっている。

ネットでは「いいカッコしい」「俳優の出る幕じゃない」

   この元警官、アフリカ系米国人で軍で戦闘訓練を受けた凄腕の射撃手とあって、市警も情報提供者に100万ドルを用意して捜索に血眼だ。ここにあのお騒がせ俳優、チャーリー・シーンが首を突っ込んできた。チャーリーは逃走中の元警官向けのメッセージビデオを公開、「僕に電話を掛けて来てくれないか。一緒に一連の出来事の解決に向け話し合おう。君と話せるのを楽しみにしているよ」と呼びかけたのだ。

   なぜにチャーリーはこんなことをしたのか。この元警官のマニフェストの中にチャーリーを敬愛しているらしい一節があったのだ。ネットでは「いいカッコしい」「俳優の出る幕じゃない」と評判はよろしくない。

Noriko Fujimoto

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中