五輪からレスリング除外!日本が強すぎるから?IOC「中核競技にふさわしくない」

印刷

   きのう12日(2013年2月)、スイス・ローザンヌで開かれた国際オリンピック委員会(IOC)の理事会で、2020年大会ではレスリングが中核競技から外れることが決まった。復活の可能性は極めて低く、メダル種目としてウエートの高い日本には大きなショックだ。こんな大事なことが決まるまで ニュースにならないとは…

2020年大会も出るつもりだった吉田沙保里「信じられない。リオで4連覇」

   IOCは2020年の中核競技を26から25に減らすことを決めていた。この日の理事会でレスリングが外れた。アダムス広報部長は「レスリングが悪いわけではない。25の中核競技にふさわしいものは何かだ。人気、国際性、男女の選手の比率などを考慮して協議し、最終的に投票で決めた」と話した。

全部やればいい

   16年のリオデジャネイロ五輪では中核競技にゴルフと7人制ラグビーが加わり、28競技が行われる。20年は中核が25競技に減り、残り1枠を野球・ソフトボール、スカッシュ、空手、武術太極拳など7つの候補競技と争うことになる。5月のIOC理事会で絞られ、最終決定は9月の総会になるが、1度外れた競技は復活するのが厳しいという見方が強い。

   レスリングは近代オリンピックでは第2回を除き毎回実施されている。日本はこれまで金メダル28個、銀、銅各17個の計62個のメダルを獲得して、いわばお家芸になっている。とくに04年から正式種目となった女子では、3大会で7個の金メダルと圧倒的な強みを示している。

   ヒロインの1人吉田沙保里選手(30)は五輪招致のプロモーションで、「東京招致できたら、8年後(2020年)は止められても出ます」と宣言していた。「ショックですね。信じられないという気持ちでいっぱい。オリンピックを目指している子どもたち、若い子たちがやる気をなくさないといいなと思う。リオで4連覇を目指すしかない」と話す。

   彼女らを育てた日本レスリング協会の栄和人・女子強化委員長(52)は、「歴史あるレスリングが外れるなんて考えてもみなかった。金をとれる競技ですから、何か手を打てるなら打ってほしい」と茫然自失だ。

ルールが複雑…どっちが勝ったかわからず人気低下

   スポーツライターの小松成美は「最もオリンピックらしい競技なのになぜ外されてしまったのか。だれもが疑問に思うと思います。ただ、実際に会場で見ていると、(ルールが)とても複雑で、どちらが勝ったか簡単にはわからない。レスリングを面白くしようとするルール改正がマイナスに働いてしまったのか。人気を集めるという点で、評価が低くなってしまったのかな」という。

   司会のみのもんた「なんでこんなことになっちゃうの」

   慶応大教授の片山善博「争う競技のなかに、野球・ソフトや空手があったりするから、難しい。もっと早く手を打てなかったんでしょうか」

   みの「どんな競技が選ばれるか、当然、日本は関心をもってないといけなかった。委員はだれだということはわかっているのですから、ロビー外交とはいいません が、そういう取材はどうなってるのでしょうか」

   このあたり、IOCや国際競技団体の動きは常にいやらしいところがある。日本だからということも十分あり得る。街の声にも「ちょっと おかしいけど、あまり強すぎるとそういうことも出てくる」というのがあった。

   スキーのジャンプで日本選手が勝ち続くと突然ルールが変わったり、複合でジャンプと距離との比率が変わったり。柔道はあまり日本が勝てないから、いいのかもしれないが…。みのは最後まで「全部やりゃあいいじゃない」とお金には無頓着だ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中