ジワジワ広がり始めた「円安値上がり」3月以降に家計直撃!

印刷

   アベノミクスで円安が急速に進み、1ドル90円台半ばに近づいている。高橋さとみアナが「円安は輸出業にはメリットがありますが、輸入品が値上がりするデメリットも出てきます。すでに電気料金、ガソリンの価格が上がり、これから小麦粉、輸入魚、輸入大豆やブランド品などが上がっていく傾向にあります。値上げがどれだけ家計を圧迫して行くのか見ていきます」と伝えた。

野菜、魚、パン・麺、電気料金、ガソリン…どのくらい上がるの?

   群馬県・明和町でキュウリを栽培している秋山茂好さんはこう話す。「ハウス栽培の重油代が去年(2012年)は10日間で16万円だったのが、今年は17万4000円。ビニールシートや段ボールなどの資材関係も上がっているので、このままでは採算割れになります。アベノミクスの成果が出るのは2年後といってますけど、それまで我慢できるかなあ」

   高橋アナ「電気料金は3月から全国8社で2円から27円の一斉の値上げです。原因は原油高に加えての円安です。ガソリン代は3月中旬にはレギュラーガソリンが1リットルで160円以上になると見られています。家計への影響はどうなんでしょう」

   シンクタンク研究員の小方尚子氏が解説した。「2月の円安や原油などの値上がりは、ガソリンは1か月後、電気代は3か月後に影響が現れます。電気代は4、5月にもう一段の値上げ予想されますが、家庭用のパンや麺への影響は1~2%と見ています。2007~08年にかけて10%も値上がりしましたが、このときは小麦が30%も上がりました。今回はそこまではいかないと思います」

   海外ブランド品も10%前後の値上げが考えられ、魚も漁船の燃料代の負担増何度で値上がり、ドル建ての大豆も上がりそうだ。大豆が上がれば、豆腐、味噌・醤油も玉突き値上がりになっていく。

なかなか追いつけない給料…アベノミクスでは実質1%マイナス

   井ノ原快彦キャスター「給料も上がらないとどんどん辛くなりますよね」

   小方さん「円安は輸出企業にはいい影響を与えるわけですが、すぐには賃金に反映しにくいんです。経営者はまた円高に戻るかもしれないと警戒して、なかなか上げようとしません。いったん上げると今度は下げるのが難しいですからね」

   安倍内閣は経団連など経済団体にこの春の1%賃上げを要請したが、アベノミクスのインフレターゲットは2%だ。ごくごくおおざっぱに計算すれば、給料が1%上がっても実質は1%の減収ということじゃないのかな。

(磯G)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中