北斗晶ひざ治療で今月中旬に入院「一番の心配は小便の管でございます」

印刷

   右ひざの十字靭帯損傷の治療のため休業を発表した元プロレスラーの北斗晶(45)は、心配するファンに「あたしは、元気だよ~」と2月14日(2013年)のブログで報告した。「近々入院するけど…それまではギリギリまで働いてますわ たくさんの励ましコメントありがとうね!本当に勇気付けられました」と喜んでいる。

   入院生活について「ひざはもとより…あたしの一番の心配は小便の管でございます そんな…辱めを受けるなんて 逃げ出したい気分です」と語っている。北斗は2月中に入院し、手術をする予定。復帰までは3か月ほどかかる見込みだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中