作り出した効果音5万種類!文化放送「音の匠」引退…目を閉じると本当に波の音

印刷
「玉井さんが作った波の音を目を閉じて聞いていると、本当に南の島の浜辺にいるような気分になれるのです」

   司会の羽鳥慎一が溜息をついた。「週刊人物大辞典」コーナーで、効果音の神様と呼ばれる文化放送の玉井和雄(80歳)を取り上げた。

同じコーヒーを煎れる音でも「青山通りの店の午後何時頃の音」

   玉井氏があらゆる道具を使いこれまでに作った効果音は5万種類にもなる。2003年には日本オーディオ協会から「音の匠」として表彰された。7年前の06年、防衛庁(当時)関係者から玉井の元に1本のカセットテープが送られてきた。テープには戦艦大和のものとされる砲撃音が録音されて、本物かどうかを鑑定して欲しいという依頼だった。

光景想像させる音

   同僚の文化放送ディレクターは「玉井さんの音作りは、たとえば喫茶店でコーヒーを煎れる音でも、『青山通りにある店の午後何時頃に煎れた音』という具合に細かいディテールにこだわった作り方です」と話す。

   羽鳥が玉井が作った怪獣の咆哮音が出る道具に挑戦した。うまく出ない。ガーッツという感じにならないのだ。「僕が吹いても音が出ないのに、玉井さんが吹くとちゃんと音が出るんです。その体力には凄いものがありました」

玉井和雄80歳「そろそろ後進に道を譲る時かな」

   その玉井も来月(2013年3月)で現役を退く。「もう歳も歳だから、そろそろ後進に道を譲る時かなと思って」とサバサバした表情である。コメンテーターの吉永みち子(作家)が「CDの音はクリアだけど、レコードにはレコードにしかない味わいがありますよね。効果音もそれと同じで、生の音と機械で作られた音はどこか違う。玉井さんの引退は空想の世界が萎んでしまうようで、寂しい気がしますね」と語る。

   長嶋一茂(スポーツキャスター)「文化放送には生の効果音が出せる人は玉井さんだけなのでしょう。その音はとても貴重だから、しっかりと録音して厳重に保管して欲しい」

   作り出した音が5万種類というのは、アイデアもさることながら、耳がよほどいいんだろうなあ。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中