2018年 6月 22日 (金)

北斗晶「右膝靱帯断裂」24時間マラソンで悪化?日テレその話はタブー

印刷

   タレントで元プロレスラーの北斗晶が右膝の前十字、後十字靱帯の断裂をしていて、再建手術を受けることがけさ19日(2013年2月)の「スッキリ!!」で伝えられた。近日中に入院して、退院まで1、2か月を要し、復帰までは約3か月かかる。さらには、折を見て左膝も手術することになるという。

30分歩くのやっとだったのに出演

   北斗といえば―とりわけ日本テレビであれば―昨夏の感動的なファミリー24時間マラソンが思い出される。当時、「スッキリ!!」でも事前練習の模様などからして盛んに放送されたものである。その際、彼女がプロレスラー現役時代に膝を痛めているとの情報はあったが、プロのサポートを得て安全に進めている由であった。前十字、後十字が断裂(本人のブログによれば、半月板も損傷だそうだ)していて、30分間歩くのもやっとのことだとはつゆ知らなかった。マラソンの練習や本番を通じて、膝の古傷が大幅に悪化したというのもありそうなことではあり、そのあたりの事情はこの番組の視聴者としても気になるところではある。

マラソンも…

   しかし、「スッキリ!!」のVTRは北斗に直接取材していながら、気になるマラソンには誰も触れず、一片の画像・映像もなく、マラソンはまるでなかったことのようだった。その後、司会の加藤浩次が「お忙しいスケジュールのなか、24時間マラソンがあって、さらに古傷もあったということですね」とやんわりと一言言及するにとどまった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中