「日本原電」借金返済で燃料ウラン売却「売った先は言えない」売り主が安く引き取り?

印刷

   日本原子力発電が、原発の燃料であるウランの一部を売却していたと「東京新聞」などが伝えた。原発の稼働ができず、銀行の借金を払うため だという。同じことは東京電力も検討中だ。どういうことか。原発再稼働へのアピールじゃあるまいな。

活断層の敦賀原発再稼働は絶望的…もう使うアテない

   日本原電は電力9社の出資で、敦賀原発(福井県)など3基を持つが、稼働の見通しが立たないため、当面使う予定がないウランの一部を手放すことにしたのだという。売却先など詳細は明かしていない。電力各社はウランをカナダなど海外から輸入しているが、手放すとなると、軍事転用もできるものだから誰にでもというわけにはいかない。売り主に引き取らせた可能性が強いが、買った値段より安いのは間違いない。

疑心暗鬼

   敦賀原発は2号機の建屋直下に活断層がある疑いが出て、再稼働はおろか廃炉までいわれる。残る2基も停止中で日本原電は経営的に追い込まれていた。借金の一部をウラン売却で賄い、給与引き下げなどの経営合理化で返済資金を確保したという。これとは別に、電力会社が保証している約1000億円の借金があり、原発の再稼働が難しいなか、きびしい生き残り策を模索することになると、報道は伝えている。

   司会のみのもんた「由々しき問題に発展しそうですね」

電気料金で買ったものなのに「お答えできません」で済むのか

   東京新聞の金井辰樹・政治部記者は「われわれが払う電気料金が資金となっている会社が、ウランをどこから買ってどこへ売ったのかを『お答えできない』というだけでいいのか。釈然としない」

   北川正恭(早大大学院教授)「とんでもない国に売ることだってあり得る」

   みの「明かさないとますます疑心暗鬼になる」

   小松成美(ノンフィクション作家)「公表の義務はないんですか」

   みの「株式会社だから、有価証券報告書でわかる」

   原子力発電は安いというインチキはとうに化けの皮がはがれたが、原発関係はなおうさん臭いことがいっぱいだ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中