北斗晶が手術成功!夫・佐々木健介「聞いているだけでも怖かった」

印刷

   プロレスラー佐々木健介(46)は妻・北斗晶(45)の右ひざ十字靭帯損傷の手術について報告した。「チャコちゃん(北斗のあだ名)のことで皆さんにご心配をお掛けしました!今日の早朝から手術が始まり、無事に成功する事ができました」と2月20日(2013年)のブログに書いている。

   「骨に穴をあけて大丈夫な部分の靭帯を切り取って…繋げるとか、聞いているだけの俺でも怖かった~」と手術内容を説明する。佐々木もくるぶしの靭帯断裂の経験があり、「手術が終わったと言っても、痛さとの戦いは始まったばかりだからね 皆さん是非ともチャコちゃんを励ましてあげて下さい」と語っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中