内海桂子「90歳だが若く写真に写りたい、でも現実は厳しい」

印刷

   浅草のお笑い芸人、内海桂子師匠(90)は「確かに実年齢は九十歳だが写る限り若く写りたいというのが本心」と写真うつりを気にしている。2月21日の「夕刊フジ」にインタビュー記事が掲載され、「自分の写真が大きく載っているのに思わずドキッとした」とツイッターでつぶやく。「でも現実は厳しいものでそれなりにしか写っていない。マネージャーが承知しているはずなので彼がOKを出したのならしょうがないと自分を納得させるのみ」と落ち込みつつも、夫であるマネージャーの判断に納得している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中