2018年 9月 23日 (日)

<おもしろい人が考えたTV with小藪>
テレビは素人が作った方が面白い?テレ東の開き直りから生まれた実験バラエティー

印刷

   テレビ東京の水曜深夜1時35分~2時5分はレギュラー番組が何も編成されていない時間枠になっていて、しばらくアニメが放送されていたが、1月末から単発の実験的内容のバラエティを放送していくことになったようだ。「おもしろい人が考えたTV」は、テレビに携わったことがないおもしろい素人が企画した方が、斬新な番組になるのではないかというコンセプトで作られている。

91歳ラッパーが考えた「クイズ ビッグバ~ン! 人生リサイクル学校」

   この日は、「司会を目指すキス童貞」「足の生えたお花さん」「最高齢ラッパー」「ももちになりたい57歳」ら5人の企画をお笑いタレントの小藪千豊にプレゼンし、出演もしてもらうというものだった。選ばれたのは91歳の最高齢ラッパーで、その番組は「クイズ ビッグバ~ン! 人生リサイクル学校」。最後は単純に綱引きで勝敗を決していた。人間には多数の次元の人がいて、相手が必ずしも自分と同じとは限らないことを認識できる教育テレビ的要素もあった。

   いつまで続くかわからないこの路線に過度の期待は禁物だが、テレビ好きを自認している人ならチェックしておいて損はないはずだ。次回は「日本縦断!男と女とはんこ旅」と割と普通のタイトル。(テレビ東京系 2月20日深夜1時35分)

(鯖野かサバり)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中