2018年 5月 27日 (日)

ヤンキース・ロドリゲスの従兄弟、ワールドチャンピオンリンクこっそり売却

印刷

   ステロイド疑惑の渦中にいるニューヨーク・ヤンキースのAロッドことアレックス・ロドリゲス内野手の従兄弟が、Aロッドからプレゼントされた2009年のワールドチャンピョンリングをコレクターに売り払っていたことが発覚した。リングはヤンキースのチームロゴに豪華なダイヤが散りばめられ、ロドリゲスの名前が刻まれたもので、オークションに掛けられれば4万ドルは下らないといわれるお宝だ。余程お金に困っていたか、Aロッドへの当てつけか。

運転手兼付き人だがステロイド疑惑で球団出入り禁止

   この従兄弟はAロッドの運転手兼付き人兼バディで、汚れ仕事も一手に引き受けていたと噂される人物だ。ロドリゲスはステロイド使用を勧められたとも言っていて、従兄弟はヤンキースから出入り禁止となった。ネットの書き込みは、故障者リスト入りしているロドリゲスを「金食い虫」「ペテン師」など罵倒で埋まっている。

Noriko Fujimoto

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中