宮脇理子「活動できた時間は宝物です」劇場デビュー2週間足らずで脱退

印刷

   SKE6期研究生の宮脇理子(17)は「この度学業優先を選択して、SKE48を辞退する事にしました」と3月11日(2013年)、脱退を公式ホームページで発表した。「SKE48として活動できた時間は僅かでしたが私の宝物です。一緒に頑張ってきた6期のみんなに、私の夢を託して全力で応援したいと思います」と語っている。

   6期生メンバーは6000人以上の応募の中からわずか20人が選ばれ、1月1日にお披露目、2月28日に劇場デビューしたばかりだった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中