平成生まれ力士が初金星!?25年になるのに若手育ってこない大相撲

印刷

   大相撲は近年その不祥事で朝のワイドショーをたびたび賑わせているが、本場所中の出来事が口の端に上ることはごくまれである。とくに子育て中の主婦向け色の強い「スッキリ!!」は、相撲への関心は薄いようだった。しかし、けさ13日(2013年3月)は、スポーツ情報コーナーでめずらしく相撲が取り上げられた。

前頭筆頭の高安が横綱・日馬富士に土

   なんでも、平成生まれの力士が初めて「金星」を取ったそうな。きのう3日目の取組で、前頭筆頭の高安が横綱の日馬富士に土を付けた。日馬富士が優勢だったところを逆転勝ちだったため、キャスターのテリー伊藤は「日馬がちょっと油断しましたね」と言う。

もっと出て当たり前

   司会の加藤浩次「考えてみると、もう平成25年。平成生まれがどんどん出てきて当たり前だ」

   25年後の「平成初」金星は、相撲界で若い世代が活躍してこなかったことの裏返しなのかもしれない。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中