2018年 7月 23日 (月)

平成生まれ力士が初金星!?25年になるのに若手育ってこない大相撲

印刷

   大相撲は近年その不祥事で朝のワイドショーをたびたび賑わせているが、本場所中の出来事が口の端に上ることはごくまれである。とくに子育て中の主婦向け色の強い「スッキリ!!」は、相撲への関心は薄いようだった。しかし、けさ13日(2013年3月)は、スポーツ情報コーナーでめずらしく相撲が取り上げられた。

前頭筆頭の高安が横綱・日馬富士に土

   なんでも、平成生まれの力士が初めて「金星」を取ったそうな。きのう3日目の取組で、前頭筆頭の高安が横綱の日馬富士に土を付けた。日馬富士が優勢だったところを逆転勝ちだったため、キャスターのテリー伊藤は「日馬がちょっと油断しましたね」と言う。

もっと出て当たり前

   司会の加藤浩次「考えてみると、もう平成25年。平成生まれがどんどん出てきて当たり前だ」

   25年後の「平成初」金星は、相撲界で若い世代が活躍してこなかったことの裏返しなのかもしれない。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中