快活そうで素敵な雑誌グラビア美女…ナマでお会いしたらクラ~イ、愛想わるう

印刷

   まず喋り方がおかしい。年齢表記も10歳ぐらい間違えてたんじゃないかと思う。抜群のスタイルで、美しく微笑みかける彼女。話を聞くと性格も明るくセンスもすごくイイ。そして、何より生き方がカッコいい。世の女性たちが憧れ、彼女のようになりたいと思っている。ファッション、ヘアメイク、ライフスタイル、食生活まで真似て少しでも近づきたい。でも、ふとした瞬間に見せる表情や立ち振る舞い、喋り方が、その人の素顔を残酷にも露見させてしまうことがある。

語尾上げの軽薄な話し方、分厚い化粧…エッ、これがあの女性経営者!?

   テレビ番組などで出演者に会うとガッカリすることがある。雑誌に掲載されたインタビューや著書ではとても素晴らしい女性像が描かれていて、事前にそうした資料に目を通して期待値を上げ過ぎてしまうからかもしれない。そんな彼女がテレビやラジオで喋った途端、ガタガタと音をたててステキなイメージが崩されていく。やたらと語尾を上げて喋るばかりか、「うんうん」と相槌まで語尾が上がる。美しいメイクもよく見ると厚く塗りたくられており、本来の素肌の色が想像できないぐらいにシミシワをカバーしている。

   こういうタイプは女性経営者に特に多い。30代から40代の女社長さんたちは見た目も商売の1つ。メディアに登場するぐらいだから、全国各地で講演会やセミナーに顔出しまくりの人も多い。講演会の説明口調や質問に優しく答えているうちに、目の前の相手にも諭すように話かけてしまう癖が抜けなくなってしまう。上から目線が鬱陶しく感じられてしまい、これをクリアできた人が爆発的に売れるようになる。

賢いアーティストやミュージシャン。自分のイメージ作りにテレビ利用

   会ったら違ったで、モデルや女優に多いのが意外に小柄だったということ。雑誌撮影の苦労が忍ばれる人も多い。打ち合わせでもスタッフを見ようとせず、下を向いたままで顔をあげないし、収録中もテーブルに肘をついてVTRボーっと眺めていることもある。雑誌では明るく快活な女性のイメージなのに、テレビには向いていないということだ。

   このタイプの中に、ごくわずかだけれど、セルフプロデュースや自身のブランディングイメージを描いてメディア露出を絞り込む人もいる。とくにアーティストやミュージシャンに多く、本性が暴かれてしまうテレビの怖さを熟知したうえで、戦略として使う賢いタイプだ。彼女らにとってテレビは人に知ってもらうツールでしかない。番組の内容よりも、どのように映るのか、視聴者にはどのように見えるかが最大の関心事なのだ。

   こうしてカリスマ性が作られ、ビジネスが生まれていく。今日も明日もこれからもずっとメディアは嘘をつく。疑問や疑いをもってメディアに目を通すと、どうやって嘘が作られたのか、舞台裏の人間関係や業界行政が見えてくる。

モジョっこ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中