キム・ヨナ優勝、真央3位「苦手意識で負けた。図太くなれ」(テリー伊藤)

印刷

   真央ちゃん対キム・ヨナ。この図式がひさしぶりにワイドショーに帰ってきた。オリンピックを約1年後に控えたフィギュアスケートの世界選手権で、キム・ヨナが優勝し、浅田は3位に終わった。

   二人の対決の結果を受けて、コメンテイターから真央ちゃんに対して、あれやこれや論評及び改善のためのアドバイスが送られるのも、以前と変わりがない。

課題は技術的なことより精神力

   キャスターのテリー伊藤は、浅田にとって大事なことは「技術的なことよりも精神力」と考えている。浅田を見ていると、キム・ヨナに苦手意識があり、緊張しているのが見て取れるそうな。「キム・ヨナさんは精神力強いから、相手を見てないよね。浅田選手は一生懸命、必死にやってるのはいいんだけど、どうしたら図太くなれるか」

緊張してた

   司会の加藤浩次はテリーの少々長々しいコメントを不安そうな落ち着かなそうな様子で聞いた後、「(オリンピックまで)あと1年ありますからね。1年後、楽しみです」と前向きに締めくくった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中