2018年 7月 19日 (木)

東西線・東陽町駅「両手に刃物男」大暴れ!通行人に切りつけ

印刷

   通勤・通学ラッシュで混雑する東京メトロ東西線の東陽町駅前路上で、男が両手に持った刃物を振り回して通行人を切りつける事件があった。数人がケガをしている。

   リポーターの岸本哲也が現場から事件あらましを伝えたが、スタジオでは「ちょっとグアムの事件を思い出しますね」と、コメンテーターの宋美玄(産婦人科医〉は緊張して語った。

40~50歳台。意味不明なことブツブツ言いながらいきなり!

   目撃者によると、19日午前8時15分ごろ(2013年3月)、小走りに走ってきた男が突然、両手に持った刃物を振り上げ、東西線東陽町の地下通路入り口近くでチラシを配っていた男性の背中を切りつけた。男は逃げ惑う通行人数人に切りつけた後、男性に取り押さえられたところを駆けつけた警察官に身柄を拘束された。男はパトカーに乗せられる際も、取り押さえた男性に向かって怒鳴り声を挙げていたという。

尋常じゃない

   40~50歳代の男で、意味不明なことをぶつぶついいながら、興奮状態で刃物を振り回し始めたという。現場は朝の出勤・通学ラッシュが始まったところだった。

   キャスターの小倉智昭「こんなところで突然襲いかかってくるなんて、とても尋常な状態でないですね」

   ラッシュを狙った無差別殺人を狙ったのか。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中