北朝鮮サイバー攻撃!?韓国のテレビ、銀行システムダウン!ATM全面ストップ

印刷

   きのう20日(2013年3月)午後3時すぎ、韓国のYTNテレビが「いま入ったニュースです。私たちYTNとKBS、MBCの情報伝送ネットワークがマヒしました。新韓銀行でもシステムがマヒしています」と慌ただしく伝えた。テレビ3局は社内ネットワークが一斉にダウンしてパソコンが使えなくなり、YTNでは約500台がシャットダウンし、再起動モードにしても立ち上がらなくなった。テレビの放送には影響がなかったが、編集作業ができなくなった。

   金融機関数社もトラブルに見舞われた。新韓銀行ではインターネットがつながらなくなって、窓口業務やATMが全面ストップ。行政安全省によると、いまのところ政府や地方自治体のネットワークに異常はなく、鉄道、港なども正常だというが、放送通信委員会はハッキングによって悪性プログラムが流されたことを確認したという。

5日前に予告「「敵の無謀な攻撃に手をこまねいていない」

   国防相は北朝鮮によるサイバーテロの可能性も排除できないとして、先の核実験で引き上げられていた情報作戦防御態勢レベルをさらに1段階引き上げ、「レベル3」 とした。北朝鮮の中央通信は5日前の15日、国内のネットシステムがサイバー攻撃を受けていると伝え、「敵の無謀な攻撃にわれわれは決して手をこまねいてはいない」と伝えていた。

どうしたらいいのか

   北川正恭(早大大学院教授)「米韓演習もあり、報復を言っていたから、(北朝鮮の攻撃ということは)ありえますよね」

   司会のみのもんた「そういうことができるというのは、すごいことですね」

   小松成美(ノンフィクション作家)「17日の防衛大の卒業式で、安倍首相が『いまそこにある危機』といったが、まさにそれ。他人事じゃないなと思いました」

   みの「どうしたらいいんですかね。サーバーからサーバーと世界中を回っちゃってるんだから」

   話はきょう終了する米韓合同軍事演習「キーリゾルブ」飛んだ。北朝鮮は「休戦協定を白紙化」「ソウルだけでなくワシントンを火の海にする」「アメリカがそのつもりなら、核の先制攻撃の権利を行使する」「日本も例外じゃない」と発言をエスカレートさせ、きのうは金正恩第一書記がミサイル迎撃訓練を視察する映像を 流した。「超精密無人攻撃機が飛び立った」「巡航ミサイルに見立てた物体を地対空ミサイルで迎撃した」「ホワイトハウスが長距離ミサイルの照準に入った」と叫んでいる。

   韓国のシステムダウンは北朝鮮によるサイバーテロの可能性は高いが、こればかりは詰めようがない。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中