振り込め詐欺「新名称」警視庁募集!現金手渡し急増で実態に合わない

印刷

   度重なる注意の呼びかけにもいっこうに減らない「振り込め詐欺」被害に、警視庁はきのう21日(2013年3月)、「振り込め」に代わる新しい呼び名の募集を始めた。これまでの口座振り込みから「手渡し」へと手口が変わったためだという。「オレオレ詐欺」から「振り込め詐欺」になったのは、現金自動預払機(ATM)に現金を振り込ませる手口からの命名だ。警察の指導で金融機関が振込限度額を設けたりしたため、最近は狙った家に現金を直接受け取りにいく手口が7割になった。

   「振り込め詐欺」対策で東京都内では2009年に劇的に被害が減ったが、10年からまた増加し、昨年は約2100件、被害額は81億円を超え最悪期に近くなっている。

「手渡し詐欺」「なりすまし詐欺」…

   司会のみのもんた「どういうこと?」という。

お金持ってるねえ

   井上貴博アナ「振り込まなければいいんだろうと、警戒感が薄らいでしまいました。手口も変わったということで、それに合う呼び名をつけたいということです」

   みの「ということは何? 『手渡し詐欺』とか」

   井上「その名称を募集してるんです。ピンと来る、警戒感が強まるような名称をと。それがよければ全国に広げたいとしています」

   吉川美代子(TBS解説委員)「また新しい手口が出てくるから、詐欺は詐欺でいいような気がするんだけど…。万引きなんて、刑法上は窃盗なのに万引きというとなんか簡単な犯罪みたいに思われる。詐欺は詐欺で、いろんな詐欺があるよといったほうがいい」

   与良正男(毎日新聞論説委員)「身内になりすます犯行だから、『なりすまし詐欺』か。被害は増えてるんですものね」

年寄りに自動通話録音機―「録音されてます」と犯行グループに警告

   みの「そんなにお金を持ってるんですかね、みなさん」

   尾崎弘之(東京工科大教授)「持ってる人は持ってる。年寄りが多い」

   与良「それをねらう」

   吉川「だまされないと思っていてもやられる」

   警視庁は対策に新兵器も導入した。「自動通話録音機」で、電話がかかると「振り込め詐欺などの防止のため自動録音されます」と警告を発して、犯行グループをけん制する。犯罪になった場合は、音声を捜査に活用できる。

   「振り込め詐欺見張隊」と名付けて、お年寄りの約1万5000世帯に配布して、来月から運用開始だそうだ。それでも警視庁は「被害増加に歯止めをかけたい」と被害そのものはなくならないとあきらめているようだ。

   2000件で80億円なら平均400万円だ。こんなお人よしの国は世界中探したってあるまい。外国人がからんでいる所以だ。楽園にみえることだろう。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中