新歌舞伎座開場!こけら落とし興行1等席2万円、3階席4000円…高いか安いか

印刷

   新しくなった歌舞伎座の開場式が27日(2013年3月)に行われた。真新しい桧舞台に99人の歌舞伎俳優が勢揃いし、松本幸四郎、尾上菊五郎らがお祝いの「寿式三番叟」を披露した。

   開場式に先立ってこの日午前、銀座通りに「GINZ 花道」を作り、市川海老蔵や中村勘九郎、市川中車ら人気俳優ら63人が練り歩き、沿道に詰め掛けたファンを楽しませた。

幅広がり座席ゆったり。3階席からも花道見える

   お練りパレードに67歳の芸能リポーター武藤まき子がいた。「疲れたあ。はだしで走れというでしょ。私はアベベじゃないんだから」とまず愚痴をこぼした。

スゴイよお

   武藤「新しい座席は座り心地はいいし視界は広いし、舞台がよく見えてほんとに楽しい」

   内部はオレンジ色を基調に華やかで落ち着いた雰囲気だ。座席の幅が広げられてゆったり感があり、傾斜が付けられているので舞台がよく見える。以前は花道が見えなかった3階の最後列からも、花道が見えるようになった。

   来月2日から始まる「こけら落し4月大歌舞伎」は1等席2万円だが、最後列の3階B席は4000円で見られる。小倉智昭キャスターが「オペラなんかに比べると安い。海外のオペラなんか腰が引けちゃうからね」と松竹に代わってPRしていた。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中