救急車呼んでも助からない埼玉県!専門医いない病院受け入れ拒否

印刷

   埼玉県久喜市で今年初め(2013年)、息が苦しいと119番通報した75歳の男性が、36回も病院で受け入れ拒否されたあげく死亡したが、病院が不足しているわけでもない首都圏でなぜこんな事態が起きたのか。「直撃御免」コーナーがで埼玉県の救急医療現場を直撃した。

25の病院に拒否されて死亡した75歳男性や30代妊婦

   男性が救急車を要請したのは午後11時過ぎで、救急車が到着し救急隊員が最初の病院に受け入れ要請して拒否されたのが午後11時38分だった。それから重複を含め25の病院に受け入れを拒否され、最後に受け入れが決まったのは茨城県内の病院で、到着したのは日付が変わって7日午前2時15分だった。

救急車が来ても…

   この2時間半の間に男性の容態は悪化していった。久喜消防署鷲宮分署の菱沼久男分署長によると、「呼吸状態が悪化したのは30分ほど過ぎた翌日零時10分ごろでした。0時50分には心肺停止状態でCPR(人口蘇生)を開始しました」という。それでも10件以上の病院から拒否された。

   埼玉県内の救急現場を調査すると、この男性だけが特別に時間がかかったわけではないことがわかった。三郷市では2011年12月に心肺停止した30代の妊婦が救急救命センターに受け入れを拒否され、1時間以上もかかって25キロ先の東京・墨田の病院に運び込まれたが亡くなっている。

   ゲスト出演した医療ジャーナリストの伊藤隼也は怒る。「県内の医療機関はこの事実を把握しているが、これまで表には出ていない。このケースは県や国がきちんと検証すべき問題です」

救急専門医いるのは県内にたった15~20病院

   なぜ首都圏でこんな医療過疎地みたいな事態が起きるのか。全国でも珍しい埼玉県川越市の夜間救急専門病院の上原淳院長はこう指摘する。

「救急病院のうち、入院、手術が可能とされている二次医療機関が県内に130くらいありますが、救急全般にわたって対応できる専門医がつめてやっている病院は15~20くらいで、救急専門医がいない場合が多いんです。自分の専門領域以外は自信がないので、受けてしまって何か起きると、後で訴訟とか困ったことになることがあるので現場が萎縮しているのです」

   伊藤「簡単に言うと、指揮者のいないオーケストラ状態になっているんです。誰もコントロールしないからこういう問題が起きる。埼玉の救急医療は今後崩壊しますよ」

   キャスターの小倉智昭「患者さんや家族の立場からしたら、救急車を呼び、10分か15分でもなかなか来ないとイライラ、ハラハラする。やっと救急車が来て、そこで1時間や2時間いられたらたまったもんじゃない」

   国は救急専門医を増やすために研修を始めているようだが、各自治体も東京都が導入しているような病院同士や消防署との連携を密にするネットワークづくりに早急に力を入れるべきだろう。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中