「携帯・デジカメ回収・再利用」情報漏れ大丈夫?今月から小型家電リサイクル法

印刷

   今月(2013年4月)から施行された小型家電リサイクル法は、携帯電話、デジカメなどに使われているレアメタルなど希少金属の有効活用を進めようというものだ。 これまで多くは捨てられるか引き出しの奥で眠ってしまうかだったが、年間800億円と聞くとただごとではない。

金、銀、レアメタルざくざく…「都市鉱山」を掘り当てろ!

   使用済みのケータイとか小型電子機器、カメラなどは、これまでも「都市鉱山」といわれていたが、回収したあとの処理までを考えないとシステムにはならない。それを自治体が原則無料で回収し、リサイクル業者に渡すまでの道筋がついたということである。

いい制度

   国のモデル事業として1か月前から始めている神奈川県相模原市をみると、市の施設の片隅に回収箱があって、対象品目の絵が出ている。電話機、携帯電話・ PHS、ビデオ、デジカメ、テープ・ICレコーダー、電子辞書、ゲーム機、MD・CDプレーヤーなど28種類が並んでいて、どこの家でも2つや3つはありそうだ。相模原市は「ゴミの減量・資源化です。現在は一般ゴミとして処理しているものを資源とすることで、ゴミも減り、資源率があがる」という。

   これらに含まれる希少金属は、金が16%、銀が22%、レアメタルのひとつインジウムはなんと61%にもなる。業者はこれを破砕して、希少金属を選別・回収するわけだ。リサイクル法の認定事業者になると、一般廃棄物の許可と違って他県でも動ける。このところの金相場の高騰も業者には追い風だ。

   日本ではこうした機器の買い替えのサイクルが早い。それだけ埋もれているレアメタルの量も大きいわけだ。埋もれさせておくのと回収・再利用では、2倍の差が出ることになる。

   冷蔵庫、テレビ、洗濯機、エアコンなど大型家電は、家電リサイクル法で有料でリサイクルされていたが、小型家電は無料で回収する。大量に集めた方が効率がいいのと、ただの一般ゴミになるのを防ぐ狙いがある。

ケータイに穴開けて防止措置

   リポートした井口成人によると、年間に使用済みとなる小型家電は、ケータイ4000万台=106億円、炊飯器620万台=12億5000万台、 電子レンジ350万台=12億円と膨大だ。トータルすると844億円にもなる。

   司会の羽鳥慎一「今まではお金を払ってましたからね」

   ただ、電子機器についてまわる不安が情報漏れだ。相模原市ではケータイはいちいち手作業で機器に穴を開け情報が取り出せないように処置している。警察も持ち去りを見張る役割も引き受けている。

   立花胡桃(作家)「電話は穴を開けてもらうが、パソコンとかUSBとかは家にある。情報の消し方が分からないから迂闊に捨てられない」

   羽鳥「うまくいけば非常にいい制度ですね」

   参加自治体はまだ34%で、65%は「予算がない」「人手がない」などでその意向がない。環境省は初期投資分10億円くらいは出したいと考えているらしいのだが…

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中