判定勝ちで防衛の亀田興毅「勝ったからよかったやんって。たしかにその通り」

印刷

   7日(2013年4月)に行われたWBAバンタム級王座戦で、6度目の防衛を果たした亀田興毅(26)は「運が良いって言うんか、なんにしても次に繋がった」と4月8日(2013年)のブログで振り返った。

   世界ランク8位の挑戦者パノムルンレックに2-1の判定勝ちだったが、「今回の試合は悔しかったなぁ。勝ったから次に繋がったし、勝ったからよかったやんって言われる。たしかにその通り」と語った。

   試合前はKO勝ちが実現できなかったら、「ホラ吹き興毅と呼んでええよ」と余裕を見せていたが、判定勝ちだったため試合後にリング上で観客に土下座。試合後のブログでも、「納得いく試合が出来ませんでした。全て自分の責任」と書いていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中