2018年 10月 21日 (日)

北朝鮮もう完全に狂った!「東京、大阪、横浜、名古屋、京都を核攻撃」

印刷

   赤江珠緒キャスターが「この瞬間にも北朝鮮のミサイルが発射されるかもしれません」という。ミサイルの燃料注入が終わったという情報があるのだという。労働新聞はきのう10日(2013年4月)、東京、大阪、横浜、名古屋、京都の地名をあげて「朝鮮敵視は破滅をもたらす。1940年代の核の惨禍とは較べられない災難を被る」と書いた。横須賀では保育園が避難のことを考えていた。市から「注意喚起」のファクスが届いたからだ。保護者が小さな娘に「ミサイル知ってる?」 なんて聞いている。専門家は「夜中の攻撃が効果的だ」なんて平気で口にする。なんという世の中だ。

森本前防衛相「現在のミサイル防衛システムで十分対応可能」

   テレビ朝日の大野公二・ソウル支局長が伝えた。北朝鮮はきのうミサイルの位置を示すテレメトリーの試験電波を大量に発信するなど発射間近の動きを見せ、軍の無線も「実弾を込めて戦闘態勢をとれ」と伝えたため、午後に緊張が高まったという。けさ11日の新聞各紙は「北朝鮮と話し合うべきだ」という論調に変わってきていて、これは株価が下がり、観光客が減るなどして、経済に実害が出始めているためだ。

破壊力は?

   森本敏・前防衛相は「(日本は)現在のミサイル防衛システムで対応できる」という。発射については「きょうか明日か」。きょう11日は金正恩の第1書記就任 1年、13日が国防第1委員長就任1年、15日は金日成国家主席生誕101年と続く。

   司会の羽鳥慎一「燃料が注入されたという情報もありますが」

   森本「わかりません。発射台ではなく車載のミサイルですから確認が難しい。どうしてああいう報道が出たのか。おそらくテレメタリングの試験電波をキャッチしたので、燃料注入と推測しているのではないでしょうか。本来、そういう情報は出すべきでない。探知能力を知らせるようなものだから」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中