元ヴィッセル・朴康造ボートレーサー養成所退学「手術した右ヒザ悪化」

印刷

   サッカー元韓国代表の朴康造(33)は「訓練中の怪我により、不本意ではありますが、学校を去らざるをえなくなりました。本当に悔しい気持で一杯です」とボートレーサー養成所を退学することを4月12日(2013年)のブログで発表した。

   Jリーグ・ヴィッセル神戸に10シーズン在籍し、2012年12月に現役引退。ボートレーサーを目指して、4月に入学したばかりだった。手術経験のある右ひざを痛めて退学を申し出たという。「本当にこの年齢でチャンスを頂いたボートレース業界の方々ありがとうございました。また送り出して頂いたサッカー界の方々には申し訳なく思います」と語った。今後について明らかにしてないが、「自分のボートレーサーとしての人生は絶たれましたが、これからまた新しく何かチャレンジを続けられる人間でいたいです」と書いた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中